音楽に救われる


「音楽に救われた経験」この話をします。

僕はつい最近まで受験生で勉強ばかりの毎日を送っていました。

日々勉強している中で僕の場合は音楽を聴くことによって自分の世界に入って集中するという手段をとっていました。これがいいのか悪いのかは人それぞれだと思うので悪しからず。

この大学受験は一筋縄では全くいかず、苦労し続けて3月半ばまで最終的にはかかりました。

そんな疲弊し尽くして精神的にもおかしくなっていた僕を支えてくれたのが音楽でした。

正直、今まで生きてきて傷ついている人に音楽を聴かせたところでどうにもならないだろうと思っていた人間でした。

それがいざ自分がその傷ついている側に立ってみると音楽の力を身にしみて感じたんです。初めての経験でした。高校受験の時も音楽はよく聴いていたのですがその時は感じなかった初めて抱く感覚でした。

改めて音楽の偉大さというか心に与える影響を感じました。


現在も世間はコロナウイルスに引っ掻き回され苦しい状況が続いていますが、そんな中でも懸命に医療を届けてくださっている医療関係者の皆様。更には教育関係やスーパー、コンビニ、ガス、水道、電気などライフラインを維持して下さっている方々。食材等を運んで店に届けてくださる運送業の方々。

これら全ての方々に心より感謝申し上げます。

そのような身も心も削りながら働いて下さっている皆様に少しでも音楽でもって安らぎが訪ればいいなと願っております。


以上をもって全ての皆様への感謝そして微力ながらのエールとさせて頂きます。



令和2年5月9日 吉本尚剛




℗2019-2020 FTZ records by Ryosuke Akagane. All Right Reserved.