でもな

カメレオンシンガーソングライター
「憂いを叫び、憂いと生きる」
彼女の音楽は「生きること」を最大のテーマとし、藻掻く青少年の代弁者となりながら、生きづらさを感じる人々に手を差し伸べるような楽曲を作る。

彼女は自己表現が苦手であった為、メモ帳に自身の気持ちを綴ることが多かった。2020年5月、新型コロナウイルスによる自粛期間にギターを初め、すぐに自身の気持ちを曲にすることを決心した。2020年9月には自身初のフル楽曲である「歌ってよ。」を書き上げる。

Power in Numbers

1

Released

8

Chart/Playlist-In

6000

Plays

Album